top of page
  • 執筆者の写真kotobukishinkyuin

無邪気でいること。



最近患者さんに「私生活で気をつけることって何かありますか?」と聞かれた際によくお伝えすること。


それは「無邪気でいること」です。


僕の伝えたい「無邪気」は本来の意味と多少ズレてしまいますが「無邪気」本来の意味は「素直で悪気がないこと・偽りがないさま・あどけなく可愛らしい事」です。


では僕の伝えたい「無邪気でいること」とはなにか?

まず無邪気な人ってどんな人と?と想像してみて下さい。

すると僕は子供を思い浮かびます。

子供は何に対しても素直で純真。濁りのない純白です。

好きなものには飛びついて離さない可愛さがあったり、嫌なことは全力で拒否してきます。

とにかく自分の感情に対して何処までも真っ直ぐ。


この純真さこそが子供が邪気を纏わない。つまり無邪気な状態を維持できている理由だと僕は思っています。


大人に子供のように振る舞え!とは言いません。

しかし子供のように自分の感情に対して素直でいることは大事にしてほしいと思います。

大人になると周りからの見られ方を気にしたり、自分の感情や意見を押し殺してしまう方が多いと思います。

ですが押し殺した感情はストレス(邪気)という形に姿を変え、コリになり段々と身体を蝕んでいきます。


だから患者さんには「できるだけ無邪気でいてください」と伝えています。

ポイントは

・自分が嫌だと感じている物事、環境、人をできるだけ遠ざける。

・自然に触れたり、格式の高い所(神社や寺)に行き自分の氣を高める。

・コリ(邪気)を治療を受け取り去る。


この3点です。

1つ目に関しては深く考えなくても大丈夫。頭で考えず自分の感情に従ってください。感じるままに。です。2点目は自分の好きな所があればそこへ行けばOK。(神社や寺に関しては格式の高い所のほうがいいです)3点目は言わずもがなルート治療です^^


心と体は相関関係にあり密接に繋がっています。

どちらかが壊れれば当然双方とも崩壊していきますが逆を言えば片方が高まれば双方の状態も高まっていきます。


現在通院されている患者さんも、そうでない方も「無邪気でいること」を大事にしてみて下さい♪たった一つしか無い自分の身体を大事に愛してあげましょう❤

閲覧数:119回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page