心と体の関係。どっちも大事よね〜



心の状態は身体に影響を及ぼすのか。逆に体の状態が心に及ぼす影響とは。

今回はそんな話をしていきます。


結論から言うと、


心の良し悪しは体に影響し、また逆に体の良し悪しも心の状態を左右する。

こう思います。


つまり心が乱れてる時は体も乱れているし、体が乱れれば心も乱れてると言う事です。

お医者さんの中にはストレスと体は関係ないと言う方もいるそうですが。


僕の言う心とは何も精神状態だけでは無いです。人の性格も体の状態は変えてしまいます。


「あの人、前はあんなじゃなかったのに。。。」


怒りぽかったり、すぐにマイナスに考えてしまう癖など、全部コリが原因で頑張り過ぎてしまった結果なんです。もしくは生まれた時から大量のコリを持って生まれてきたかの

どちらかです。


コリを取らないとうつ病、躁鬱、線維筋痛症、統合失調症などの病気に名前を変えます。

こうなる前に治療を受けて下さい。もしくは周りの人が連れ出してあげて下さい。

精神疾患になる人は大抵真面目で、自分をどこまでも追い込み続けブレーキをかける事

ができないんです。


そう言う方周りに1人はいますよね?


人は力を入れるのはいくらでもしますが、抜くのは下手くそです。


体は休ませても肝心の症状は治る事はないです。少し回復したように感じますが、、、

コリを取らないとどうにもならないのです。


ルート治療は心に対しても働きかける事が出来ます。不安が絶えない人は治療を受ければ自信がつき行動的になったり心が安定します。怒りっぽい人は何をあんなに怒っていたん

だろうかと思うくらい落ち着いて冷静に物事を見れるようになります(^^)


何より本人が変わると周りにも良い影響を与え、みんながいい方に進めるんです😊😊


自分を変えたい、変わりたいと言う方お待ちしてます(^^)

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示