top of page
  • kotobukishinkyuin

常識を疑う力



今回のブログで僕が言わせて頂く「常識」それは「医療・健康に対する常識」です。


まず大前提、医療や健康に関する物は進歩が停滞していると僕は思っています。

なぜなら現代医療は色々な症状がある中で治す事が殆ど出来ていなからです。

頭痛が出れば薬、血圧が上がれば薬、他にも抗がん剤、ステロイド etc。。。

何かあれば薬を処方されますが、果たしてその処方された薬を飲んで塗って本当に治っているでしょうか?

治ってませんよね?あれは一時的に誤魔化しているだけの物。根本からは治せていないんです。現代医学は根本治療よりもいかに症状を誤魔化すかにベクトルが向いていると個人的には感じます。


もう一つ例を出しましょう。

マスク・ワクチン。日本はマスクの着用は未だ半強制、ワクチンは国民の殆どが接種している。にもかかわらず何故かコロナの感染者数は世界一位。おかしいですよね?


健康に関する商品もそう。

とにかくこの世で身体に良いとされているいる物で溢れかえってるんです。

でもその殆どが対症療法でしかないか、意味があまり無いものばかり。本当にそれだけで身体が良くなるなら現代にこれだけの病気や怪我が蔓延しているのはおかしいんです。


皆さん疑問に感じたことないですか?


現代は情報を取得しやすくなった反面、情報の精査が難しくなりました。

間違えた情報がはびこっていることも多いです。

自分が選択したことは本当に正しいのか?よく考えると良いと思います😌

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page