• kotobukishinkyuin

小児難病に対するルート治療の効果✨



今日のブログは昨日アナウンスしていた通り、実際に当院に通院している子供の患者さんが施術を受けどの様な変化があったのかをブログにしていきます😊


まずどういった疾患で来院しているかというと、指定難病の「ソトス症候群」というご病気です!


どういった病気かはこちらをご覧ください!

https://www.nanbyou.or.jp/entry/4778


通院しているお子さんの年齢は1歳9ヶ月。

知り合いの方から当院を紹介され3月から施術を開始しました。


お困りの症状は

・歩行時の不安定感

・言葉遅れ

・手をうまく使えない

・運動面の遅れ(しゃがんだり、立ち止まったりが出来ないetc,,,)

・知能面の遅れ(簡単な指示が理解できないetc,,,)         などでした。


病院からすると遺伝子の問題以外身体的な異常はないので成すすべがなくお手上げといった所でしょう。お話しを聞く限り病院はリハビリを勧めたり特に動く様子もなかったです。


初診時は病気の特性上、身体の成長は早いものの知能面や身体機能が追いつかないのでバランスが悪く歩行が安定しなかったり、言語に遅れが出ている状態でした。


ここから僕の施術はスタートしていきます。

実際身体に触れてみると、手は固く動かしにくそうな感じでお尻や下肢は所々固まっていましたし、頭は独特の形状をしていました。


パッと見て少し触るだけでもコリが強い事がわかります。

なので頭をメインに小児鍼をしていき、+α手や下肢、体幹周りを施術していきました。

最初は鍼を嫌がっていましたが、親御さんの協力もあり施術していくとだんだん慣れてきて場所によっては全く嫌がらずに施術を受けることが出来ます(^^)


1回目の施術が終わった後は

・よく眠るようになった

・「ねんねは?」と言うと自分からベッドに行ったりベッドの方向を見る様になった

・手をよくグーパーする様になった

・遊べる玩具が増えた

・バイバイするようになった


2回目は

・転倒する回数が減った

・極端ながに股だったが角度が少し真っ直ぐになってきた

・施術した日はテンションが上りよく動いていた


3回目は

・今まで歩行時に途中で立ち止まることが出来なかったのが立ち止まれるようになってきた

・しゃがむことが出来るようになってきた

・簡単な指示(ママどこ?○○は?)が何となく分かるようになった

・今まで握りっぱなしだった親指が外に出てきだした

・ご飯を1人で食べれるようになってきた

・話せる単語が少し増えた


現在3回通院しただけでここまで変化が出てくれました😊

子供の成長は素晴らしいです♪

これだけの著しい変化は僕の予想を遥かに超えるものでしたね!


いくら難病とはいえこれだけ変化が出せることが分かれば病院に行かせて薬を使うより効果があると思うのですが、どうでしょうか?リハビリとセットでやれば相乗効果で更に発達を促せます!


この記事を読んで小児治療に可能性を感じた方は意外と多いのではないでしょうか?

我が子を治せるのは病院だけじゃないんです。たかが小児鍼、されど小児鍼。

ルート治療を応用して行う小児鍼なら難病を患った子供でさえも変わってしまいます😁

難病だけでなく他の症状で悩むお子さんの症状でも同じことが言えます!


鍼を子供にするのが怖いと思っている親御さんへ。

勇気を出して一歩踏み出してみて下さい😊病院に通っているだけでは到底予想もつかないような変化を見ることが出来ます。もしお子さんのことで悩んでいるならまずは相談だけでも乗りますからご連絡してみて下さい(^^)


僕が親御さんとお子さんの力になることをお約束致します♪


https://www.kotobukinohari.com/%E6%82%A3%E8%80%85%E6%A7%98%E3%81%AE%E5%A3%B0  当院に通院をする患者様の声です♪


https://www.kotobukinohari.com/%E7%B5%8C%E9%81%8E%E7%97%87%E4%BE%8B%E9%9B%86  当院で施術をした疾患の症例集です!

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示