top of page
  • 執筆者の写真kotobukishinkyuin

なんで?なんで?



今日は治療を受ける前や治療中、治療後に大事なことに関する記事です^^


まず、みなさんが怪我や病気になった時の事をよく思い出してみてください。

痛めた理由、考えませんか?


例えば、、、


「最近、腰に負担掛けてたもんなぁ」「飲み会続きで内蔵に負担かかってたよなぁ」


など、何となく原因を考えるはずですよね🙄


僕はこの「なんで怪我・病気をしたんだっけ?」「なんで鍼を打たれているこの場所は痛いのかな?」と考える癖を日常に取り入れて欲しいんです。

当院に通院されている方は何となく分かるかと思いますが「鍼の痛みが強い所には痛いなりに理由があるんですよ〜」と言っていますよね。


原因になる事は突発的なものから慢性的なもの、遺伝、精神的なものなど多岐に渡ります。


直近の症状なら原因をすぐに突き止めることが出来ますが、患者さんの中には「なんでこんな所に症状が出るのか分からない!」とおっしゃる方も少なくないです😅

これは短期的な原因を探しているから見つからないだけで、幼少期まで遡ればだいたい答えが浮かんできます。


こんな感じで「なんでここ痛いんだっけ?」「なんで?なんで?」と考えると色々なものが見えてきます^^


「あの時の自分は無理していたなぁ」「お父さんも同じ場所痛めてたなぁ」「自分の気持ちやしたいことを殺してたなぁ」などなど


そしてもう一度「なんで無理してたんだっけ?」「なんで?なんで?」と😊

症状だけに限らず、自分に関すること全部について考えてみてください。


深いところまで考えれば当時の感情、状態がわかり自分のことをより理解できて自分のことを今よりもっと愛せるようになったり、自分のやりたかったこと、逃げてきたこと、自分の良い所や弱点。沢山の事が理解できるようになるんです。


より治療を日常に落とし込みたい方はぜひやってみて下さい^^

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「愛」

Comentarios


bottom of page